タテノ(管理人)

こんな人です

  • 小学4年生から6年生まではクラスの出木杉君的な存在。難関中学の入試問題がおさめられた分厚い問題集(通称:電話帳)を解きまくったり、伝記や百科事典を読みまくったりしているような、こましゃくれた少年だった。
  • 中学入学時、進学校に合格したお祝いという大義名分を思いつき、実業家の伯母(母方)に生涯最高のプレゼンをし、パソコン(当時はマイコンと言っていた)を買ってもらうが、FM-7(富士通)でも、X-1(シャープ)でも、PC8801(NEC)でも、ましてやPC-9801でもなく、店員の勧められるままに、PC-8001mk(NEC)を選んでしまったことが人生で後悔したことのTOP3にランクインしている。
  • 中学1年生の頃。見開き2ページの地域新聞(月刊)を全て手書きで制作(地域の話題、コラム、イラスト、四コマ漫画)し、文房具店に置いてあったコピー機で100枚印刷し、近隣に配布するという迷惑行為を行う。
  • 高校も進学校だったが、素質がない(痩せ体質で遅筋・赤筋タイプ)にもかかわらず、勉強そっちのけでベンチプレスや懸垂など筋力トレーニングにのめり込み、ジャッキー・チェーンと同じ腕周り40cmを達成する。
  • 後に、小中学生の頃の超絶勉強法(自分で言うなっつーの)をまとめたレポートや、高校生の頃の独創的な筋トレ法をまとめたレポートを、ヤフオクで販売(どちらもちょっと高めの専門書籍くらいの価格設定)したところ、筋トレの方はサッパリだったが、勉強の方は200本近く売上げた。
  • 20歳~24歳まで闘病生活(重度のアトピー性皮膚炎)を送る。
  • 10代~20代の頃、劇団の照明スタッフ、高校受験の監視員、パン屋の店員、競輪場の警備員、雑貨屋の店員、遺跡発掘の補助、宅配の仕分け、引越しの作業員、中華料理屋の鍋洗い、老舗書店の店員、街頭でのアンケート調査員、筋トレジムのスタッフ…等々を経験し、様々な認識を獲得する。
  • 20代の半ば頃。ゲームショップの雇われ店長時代、オリジナルの手書きPOPで、品切れソフトを続出させ、売上げを系列店トップにしたことがある。
  • 30代のサラリーマン時代は、ITベンチャー系の会社で市場調査や業界リサーチを担当。
  • この頃、会社勤めをしながら、集客用のホームページ(@niftyのサービスを利用)を立ち上げ、20代~30代の若者を対象に副業を勧めるセミナーを定期開催する。
  • 時を同じくして、ある業界の内情や全体構造について解説したブログを立ち上げ、開始二か月目くらいで連日読者が300人~500人ほど訪れる盛況ぶりを見せるも、コメント欄は記事に対する称賛と非難とが入り乱れ、2チャンネル並みの過熱ぶりを見せる。「ファンです」、「うちの会社に来てほしい」、「コンサルを正式に依頼したい」、「本を出してほしい」といったコメントがある一方、「死ね」、「ただではおかない」といった悪意あるコメントが入ったことで、すっかりやる気を無くし閉鎖に至るが、今ではアドセンス広告を貼れたのに…と後悔している。どんな後悔や。
  • 30代の半ば頃。美容と健康の仕事がしてみたくなり、老舗の栄養補助食品メーカー(南極観測隊に製品を提供した実績がある)の販社に転職する。シニア層(女性が大半)を相手に定期開催した健康セミナー(累計200回)では、栄養学をベースに、生物学や自然免役の観点も加味した内容で、参加者からは「目からウロコが落ちた」、「しゃべりも面白い」と大好評を博した。
  • 時を同じくして、話し相手を探すマッチングサイトを作りたくなり、有料のシステムを利用して、なんとか自力で立ち上げ、キーワード“話し相手”Yahoo!検索1位を達成する。「主婦や母子家庭の母親の副業として」とか「お年寄りの話し相手を探す」とか、無料か有料か、とか、コンセプトが定まらないまま、いろいろ試行錯誤(迷走)している内に、登録者が2000人を超え、テレビ局から取材依頼のメールが来るまでになる。あえて、自動でマッチングするのではなく、自分が間に入って、泥臭く仲介作業をしていたが、その内、類似サイトが増えたり、スカイプが登場したり、面倒くさくなったり…したので閉鎖する。
  • 30代後半。会社を立ち上げ、自社ブランドの健康飲料(低分子ペプチド)をOEMで製造する。営業、紹介、商品説明会、ランディングページ等、あらゆる手段で販売し、驚異のリピート率(初回購入者の大半が継続)を誇るも、販売権をめぐる内紛に巻き込まれ、販売を断念する。
  • この頃、鳥取大学、九州大学の砂漠緑化チームと組んで、海外(モンゴルや中国)を訪れ、農地の土壌改良や植林をサポートする活動を行う。その活動が評価され、鳥取大学の岩崎先生が内蒙古科技大学より名誉教授として表彰される。
  • 2016年の2月にボスと出会い、そのあまりにケタはずれな実力、発想力、実行力、人間力に打ちのめされ、これまでに自分が会ったどんな人物よりも、あらゆる意味で凄い!と心の底から敬服し、彼のビジネスプロジェクトに参画することを決意する。

 

現在の研究テーマ
  1. 恩作(造語→恩+作品)
  2. 新しいS字カーブを描く
  3. リバイバルとリスタート
  4. 外国人にウケる日本の商品
  5. 人間社会における全体構造
  6. 見えないパラメータの言語化