オーストリアからの輸入に備えた準備

午後からボスと種々打ち合わせ。

  • 会社を事業部制にしていく話。
  • 道志村に間伐材再利用の製材工場を作る構想。
  • プロの専門家に仕事を依頼することの難しさ。
  • K田先生の事業について。→ボスに貿易事業を譲ってくださる?
  • ボスが大物政治家(自民党)の政治パーティーに誘われた件。

 

ボスは、私と話している間も、思いついたことがあれば、即座にiPad Pro(12.9インチ)にApple Pencilで、サラサラサラッと驚異的なスピードで構想案を書き上げ、私のiPadに送信するという離れ業をやってのける…が、こうして書いても、そのスゴさはイマイチ伝わらないだろう。

そうかと思えば、打ち合わせの最中に知り合いの経営者から何度も電話があり、その都度、相手からの相談内容や疑問にも、切れ味鋭いコメントを返している。

そんなボスを眺めながら、私はいつも『この人は本当にタダモノではない』と思っている。

夕方からは、東村山の草門去来荘に移動。
ここは並木先生が行きつけのお店。

ボスと私がひと足先に到着。

セルギュス(オーストリア)さん、クリスティアン(イタリア)さんをお迎えし、最後に並木先生が到着。

本日は5名での会食会。

美味しいひつまぶし(特盛)を頂きながら、様々なことを話し合う。
合間に、たくさんの雑談(ユーモア溢れる)も交えながら。

そして、クリスティアンさんからは、今後の輸入事業に備えて、“オーストリア大使館商務部”を紹介して頂くことに。

また、並木先生からは、“ソープストーン”というパワーストーンについてのお話を伺った。

ソープストーン 洗濯石 – Google 画像検索

なんでも、洗濯に使えるのだとか。
しかも、洗剤いらず、すすぎ不要。

もしかしたら、並木先生に再度、論文執筆をお願いすることになるかもしれない。

別れ際、クリスティアンさんより、お土産として大きな紙袋に溢れんばかりのウエハース菓子を頂戴した。

写真を撮るのをすっかり忘れてしまったのが悔やまれる。

 

-追記-

セルギュスさんとクリスティアンさんより丁重なお礼のメールを頂戴した。

また、作成した事業概要の資料を送らせていただいたクリスティアンさんからは、ドイツ語の依頼文と合わせて、“オーストリア大使館商務参事官”まで送りました、との有り難いご報告をいただいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.