K西氏の事業説明会(未来科学系)に参加して

スパーク

本日、K西氏(青森県在住)のセミナー(国分寺)に参加しました。

今回は、そのプチ(本当にプチ)レポートです。

セミナーに参加するのは、今回で三回目となりますが、講師のK西氏は、まるで“人間発電機”というくらい、エネルギッシュで、喋りの勢いも量もハンパではありません。

そのパワーたるや、本当に凄まじく、ボスをして「K西さんにはかなわない」と言わしめるほどです。

ボスによると、K西氏から送られてくる情報量もハンパではなく、メール(活動報告、相談、写真、資料)の量も一日に数百通とかはザラで、読み切れないほどの量だそうです。

ちなみに、初めてお会いした際、海外旅行でも滅多にお目にかかれないような特大サイズのカート(中にはプレゼン用の試作品や資料がギッシリ入っている)を手に会場入りされたので、私が驚いていると、それを持って全国を精力的に飛び回っておられると笑いながらおっしゃっている様子がとても印象的でした。

そんな規格外の人物だけに、扱っている案件も正に規格外。

ただし、ヒジョーに残念ながら、肝心のセミナー内容は割愛させていただきます。

というのも、秘匿性が高く、とてもネットで公表していいレベルの話ではないからです。

しかし、世界を変える技術(というか素材というか)であることだけは間違いありません。

実際、あまりに凄すぎて、最初はトンデモ系かと思ったほどでした。

今でも少しは『もしかしたら…』と思っています、というのは冗談ですが、ただ、いくら『そんなことはありえない』と思っても、目の前の実験で起こる現象を否定することはできません。

ちなみに、セミナーには、東北大学学際科学研究センター教授や東北アジア研究センター長を務められた、東北大学名誉教授(現在は定年御退官)の徳田昌則先生もご出席されていました。

ジャンルとしては…“未来科学”になるんでしょうか。

しかし、現代科学の常識では測れない、説明がつかない現象を扱うという意味では“超科学”とでも呼んだ方が相応しいのかもしれません。

というワケで、今回はこのくらいで終了とさせていただきますが(みじかっ!)、ボスのビジネスパートナーでもありますので、今後も何か進展があったり、公表できる内容があったりした際は、Henzineで取り上げようと思います。

乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください