アイドルがファンを獲得する瞬間

こんにちは。

最近のアイドル事情に、めっぽう疎いTATeNoです。

つい先ほどの話ですが、テレビをつけると、金曜プレミアム“芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP”という番組(19時~22時52分)が放映されてました。

どんでん返し愛好家(協会を立ち上げようと思うくらいに)の私は、昔からドッキリ系の番組を好んで観ていました。

  • “スターどっきりマル秘報告”とか。
  • “天才・たけしの元気が出るテレビ”とか。
  • “ビートたけしのお笑いウルトラクイズ”とか。
  • “ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!”とか。

 

なぜなら、どんでん返しとドッキリには共通する部分があるからです。

ちなみに、ブーブークッション、イス落ち、落とし穴のような、単純なおどかしでリアクションを楽しむだけのチープなものもありますが、そういったタイプのものは、私はあまり好きではありません。

練りに練った仕掛け、ストーリー仕立てのもの、シチュエーションが凝ったもの、そういったものが好きです。

さて、ほどなくして、“ヒロミ考案…芸能界都市伝説を再現しドッキリに!アイドル恐怖で失神!?”というコーナーになりました。

ドッキリの細かい内容は省略します。
既にネット上にはたくさんの記事があるでしょうから。

最初のターゲットは、夢見るアドレセンスというアイドルグループでしたが、その中の山下彩耶さんが実にナイスなボケをかましてくれました。

山下彩耶 安全祈願 – Google 画像検索

彼女が話そうとしかけた“車に雷が落ちた話”も興味深かったので、中断してしまったのが非常に悔やまれますが、それよりなにより「安全確認しました?」を「安産祈願しました?」と言い間違えたり、「人間不信になる」を「単身赴任になる」といい間違えたりと、天然のおもしろ言い間違いセリフ連発で視聴者に鮮烈な印象を与えてくれました。

おバカタレントというより、言いまがいキャラとして、不動のポジションを確立するのではないでしょうか。

さて、続いてのターゲットは、NMB48谷川愛梨さん。

谷川愛梨 推理 – Google 画像検索

「気付いてない? ちゃんと聞いてた? あの人が言った言葉。目撃情報が無いって言ってんで? なのに“怪しい男”って言ってんで? 誰がそんな男ってわかるん?」

 

鋭い観察力と頭脳明晰な推理は「お見事!」と言うしかなく、正に圧巻でした。
(さすがにヤラセではないと思うんですけどね…)

多分、あの番組をご覧になられた方は、皆さん同じように思われたのではないでしょうか。

今回、(ジャンルを問わず)どんな番組であっても、出演者の思わぬ魅力が出現した時は、その人がファンを獲得する瞬間であり、その後の売れるきっかけとなりうることを再認識しました。

この手の話で、私が印象深いのは、元AKB48川栄李奈さんです。

残念ながら放映が終了してしまっためちゃイケの運動会か何かの選手宣誓で「我々選手一同は…」の「我々」の箇所を「我アール(R)」って発音したんですよね。

実際、スタッフが持っていたカンペは確かにそういう風にも見えたワケですが、たとえ見えたとしても、ふつうは「我アール」とは言いませんから。

川栄李奈 体育祭 我アール – Google 画像検索

あの時、思ったものです。

『この川栄李奈って子、超オモシロイ!』
『この天然ぶりはただものではないぞ!』

その後、AKB48を卒業した彼女は女優として大活躍してるみたいですね。

もっとも、あの言いまがいがあったからこそ売れた、というワケではないでしょう。

ただ、少なくとも、あの番組を観ていた多くの人の心をつかんだのは事実だと思います。

というワケで、今回はこの辺で。

また次のエントリーでお会いしましょう。

ごきげんよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.