日本の年間行事(季節ごとのイベント一覧)と人気ランキングを調べた

イベント会場に向かう人々

こんにちは。タテノです。

今日は、ひな祭り(桃の節句)ですが、これは年間行事のひとつです。

そこで、私は思いました。

年間を通して、最も人々の関心を集めている行事(検索キーワードとしての)は何なんだろう?と。

ちなみに、

関心を集めている=検索されている

です。

そこで、例によってGoogle Trendsの出番です。

手順は以下の通り。

  1. まず、それぞれの月ごとに行事(キーワード)を比較して、関心度(絶対数ではなく相対数※)の順位が最も高いものを月代表(キーワード)とする。
  2. 次に、それぞれの季節ごとに、月代表(キーワード)どうしで比較して、関心度の順位が最も高いものを季節代表(キーワード)とする。
  3. 最後に、季節代表(キーワード)どうして決勝戦を行い、最も人々の関心を集めている行事(キーワード)をつきとめる。

※指定地域と指定期間における、全検索回数に対する、それぞれのキーワードの検索割合(値は0~100)のこと。

 

日本の年間行事(季節ごとのイベント一覧)と予選

それでは、春夏秋冬ですので、まずは春から行きます。

※Google Trendsの検索結果(画面)は、季節代表決定戦と決勝戦のみ、お見せします。

※指定地域は“日本”、指定期間は、2004年の3月(春の始まり)から、2018年の2月(冬の終わり)までの14年間で設定してあります。

それでは、さっそく参りませう!

 

春の年間行事で一番人気なのは?

3月の行事
  1. 卒業式
  2. ホワイトデー
  3. ひな祭り(桃の節句)

3月で、最も人々の関心を集めている行事は“卒業式”でした。

どんな服装(スーツ)や髪型にすればいいのか?が検索されているようです。

残念ながら、ひな祭り(桃の節句)は初戦敗退です。

 

4月の行事
  1. 入学式
  2. お花見
  3. エイプリルフール
  4. 入社式

4月で、最も人々の関心を集めている行事は“入学式”でした。

卒業式と同じく、主にどんなスーツにすればいいのか?が検索されているようです。

 

5月の行事
  1. 母の日
  2. ゴールデンウィーク
  3. こどもの日(端午の節句)

5月で、最も人々の関心を集めている行事は“母の日”でした。

母の日だけに、プレゼントとか、ギフトとか、それらのランキングとか、そういったものが検索されているようです。

それにしても、ゴールデンウィークよりも上とは。

母は強し。

さて、これで春の代表選手が3名がすべて出そろいました。

  • 卒業式
  • 入学式
  • 母の日

 

すべて三文字ですね。

それでは、さっそく対決してもらいましょう!

春の年間行事
  1. 母の日
  2. 卒業式
  3. 入学式

2位の卒業式との接戦を制して、春代表は“母の日”に決定しました。

夏の年間行事で一番人気なのは?

6月の行事

  • 父の日

6月の行事ですが、梅雨は天候であって行事ではありませんし、ジューンブライドなんてものもありますが、結婚式は年間を通して行われますので、ここは問答無用で“父の日”に決定しました。

果たして、春代表の“母の日”との対決は実現するんでしょうか。

 

7月の行事
  1. 夏休み
  2. 七夕
  3. お中元

7月で、最も人々の関心を集めている行事は“夏休み”でした。

旅行、宿題、自由研究、工作…そんなようなことが検索されているようです。

 

8月の行事
  1. キャンプ
  2. 花火大会
  3. お盆
  4. 夏祭り
  5. 海水浴

8月で、最も人々の関心を集めている行事は“キャンプ”でした。

ブログとか、テントとか、キャンプ場のランキングとか、料理とか、そんなようなことが検索されているようです。

 

さて、これで夏の代表選手が3名がすべて出そろいました。

  • 父の日
  • 夏休み
  • キャンプ

 

それでは、対決してもらいましょう!

夏の年間行事
  1. キャンプ
  2. 夏休み
  3. 父の日

2位の“夏休み”に4倍近く差をつけて、夏代表は“キャンプ”に決定しました。

これは、決勝戦でも相当に期待できそうです。

 

秋の年間行事で一番人気なのは?

9月の行事
  1. 月見
  2. 敬老の日

9月で、最も人々の関心を集めている行事は“月見”でした。

月見バーガーとか、月見団子とか、月見町…。

 

10月の行事
  1. ハロウィン
  2. 運動会
  3. 文化祭
  4. 音楽祭
  5. 遠足
  6. 体育の日

10月で、最も人々の関心を集めている行事は“ハロウィン”でした。

仮装、衣装、コスプレ、メイク、イベント、パーティー、そんなようなことが検索されているようです。

 

11月の行事
  1. 七五三
  2. 紅葉狩り

11月で、最も人々の関心を集めている行事は“七五三”でした。

髪型、服装、着物、レンタルなんかとセットで検索されているようです。

さて、これで秋の代表選手が3名がすべて出そろいました。

  • 月見
  • ハロウィン
  • 七五三

 

それでは、対決してもらいましょう!

秋の年間行事
  1. ハロウィン
  2. 七五三
  3. 月見

秋代表は“ハロウィン”に決定しました。

・・・まあ、そうでしょうね。

ここ数年の盛り上がりからすれば、順当な結果だと思います。

ハロウィン 行列 – Google 画像検索

 

冬の年間行事で一番人気なのは?

12月の行事
  1. クリスマス
  2. お歳暮
  3. 大晦日
  4. 冬休み

12月で、最も人々の関心を集めている行事は“クリスマス”でした。

ディナー、ディズニー、コフレ、デート、イラスト、イルミネーション、プレゼント、ソング、ケンタッキー。

・・・ていうか、これはもう優勝候補の筆頭ですね。

 

1月の行事
  1. 成人式
  2. お正月
  3. 初売り
  4. 鏡開き
  5. 書き初め

意外や意外? 1月で、最も人々の関心を集めている行事は“成人式”でした。

“成人式”というキーワードとセットで、ネイル、スーツ、同窓会、髪型、北九州、着物レンタル、振袖レンタルなんかが検索されているようです。

…ところで、“北九州”というのは何なんでしょうか?

成人式 北九州市 – Google 画像検索

成人式というより、集会(コラコラ)かと思いましたが、調べてみたら、こんな記事がありました。

参考 北九州市の成人式が今年もスゲェェェエエエ! 世界が驚くド迫力新成人44連発ッ!!ROCKET NEWS 24

あと、着物レンタル、振袖レンタルに関しては、突然の店舗閉鎖で世間を騒がせた、はれのひの倒産も記憶に新しいところです。

 

2月の行事
  1. バレンタイン
  2. 東京マラソン
  3. 節分
  4. さっぽろ雪まつり

2月で、最も人々の関心を集めている行事は“バレンタイン”でした。

個人的に、あまりいい思い出がありませんが、それはそれとして、レシピとか、どんなチョコが人気なのか?とか、そんなようなことが検索されているようです。

さて、これで冬の代表選手が3名がすべて出そろいました。

  • クリスマス
  • 成人式
  • バレンタイン

 

…よくもまあ、強豪が揃いも揃ったり。

それでは、対決してもらいましょう!

冬の年間行事
  1. クリスマス
  2. バレンタイン
  3. 成人式

2位の“バレンタイン”に4倍近く差をつけて、冬代表は“クリスマス”に決定しました。

私の予想通り、ぶっちぎりの圧勝でした。

なんてったってアイドル、優勝候補の筆頭ですから。

“お正月”にも打ち勝った“成人式”ですが、“クリスマス”“バレンタイン”が相手では、少々分が悪かったようです。

 

日本の年間行事で一番人気なのは?

さて、これで全ての季節の代表選手(キーワード)が出そろいました。

  • 春・・・母の日
  • 夏・・・キャンプ
  • 秋・・・ハロウィン
  • 冬・・・クリスマス

 

こうして見てみると、既に結果が分かりますね。

優勝はクリスマスです。
もう、やる前からわかります。

ですが、いちおう対決してみます。
決勝戦なのに盛り上がらなくて申し訳ありません。

日本の年間行事
  1. クリスマス(冬)
  2. キャンプ(夏)
  3. ハロウィン(秋)
  4. 母の日(春)

・・・やはり。

クリスマス 恋人 – Google 画像検索

青春のバカヤロー!

…すみません。取り乱してしまいました。

気を取り直して、進行します。

季節(春夏秋冬)の年間行事一覧の中で、日本国内で最も関心を集めている行事はクリスマスでした!

誰もが、うすうす感じている通りの結果が出てしまいヒジョーに恐縮しております。

キャンプが善戦したのは、個人的に『へえー』と思いましたが、それはそれとして、このままだと凡庸な結末になってしまいます。

…こうなったら仕方ありません。

かくなるうえは、イベントキングの座に君臨するクリスマスをギャフンと言わせたいと思います。

具体的にどうするか?

時期によって検索割合の値が激しく上下動する“年間行事”に対して、ここは年間を通して変化することのない“日常行事”をぶつけてみたいと思います。

なかなかの妙案だと思いませんか?

いくら“クリスマス”というキーワードが強いといっても、その盛り上がりはあくまでも短期間ですので、盛り上がらずとも地味に検索され続けるものであれば勝てるのではないか?という読みです。

そこで、こんなキーワードはいかがでしょうか?

仕事。

仕事って行事かよ?という気がしないでもありませんが、どちらもという字がつくので、ここはヨシとさせてください。

それでは、いざ対決!

…勝ちました。

“仕事”“クリスマス”に勝ちました!

全国に大勢おられるであろう仕事命の皆さん、諸事情からクリスマスを目の敵にされている皆さん、やりました!なに?このセリフ

私はモーレツに感動しています。

それはさておき、せっかく、“仕事”“クリスマス”(行事)に勝ちましたので、今後、季節の年間行事(イベント)には、仕掛けられる側、単に消費者として参加するだけではなく、仕掛ける側、価値の提供者(商品、サービス、コンテンツ)として参戦、もとい参加されてみてはいかがでしょうか。

自分でも『変な提案だな…』と思わないでもないですが、そこはHenzineなのでお許し頂くとして、今回のエントリーが皆様の(ビジネス活動の)参考の一助になりましたら幸いです。

それでは、今回はこの辺で。

また次のエントリーでお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください