Henzineとは

サブタイトルの意味

変人+変革のエンジン+マガジン=Henzine

リンカーンの演説ではありませんが、“変人の、変人による、変人予備軍のための、変革のエンジンとなるような(Web)マガジン”、という感じでしょうか。

※早口言葉ではありません。

ちなみに、エンジン(Engine)なら、英単語の末尾がzineではなく、gineとなりますが、マガジン(Magazine)のzineの方を採用して、こうなりました。

“変人予備軍”って何?とか、“変革のエンジン”って何だよ?というツッコミが聞こえた気がしますので、まずはソレについてザックリとご説明いたします。

変人の定義

ここは一番重要なところですが、別に変な人のことではありません

我々は、変人について次のように定義しています。

 

変人とは?
世界と人生を、より良くえたいと願う

どうやって変えるか?ですが…

  • 発想のチカラで
  • 技術のチカラで
  • 融合のチカラで
  • 物語のチカラで

変人予備軍

これはそのまま言葉通り、変人の予備軍です。

変革のエンジン

エンジンを訳すと原動機ですので、そこから、“世界を変える原動力”というような意味合いでつけました。

何はともあれ、

世界に、より良い変化をもたらす“きっかけ”を提供するブログでありたい。

そんな風に思っております。

こんな方へ

そんなHenzineの記事ですが、ぜひとも、次のような方々に読んでいただきたいと思っております。

  • ビジネス上のことで、何でも悩みを打ち明けられる相談相手がほしい…という方。
  • いいビジネスアイデアがあるのに、それを形にできず、手をこまねいている…という方。
  • 自分で言うのもナンだが、自分には知識もスキルも経験も情熱もあるので、あとは自分を引き上げてくれる仲間との出会いさえあれば、必ずや成果を出せる…という方。
  • これまでずっと一匹狼で、誰ともつるまず単独行動で生きてきた。元々、人の下で働くのが性に合わず、起業して会社(もしくは個人事業)も作った。しかし、一方では情報交換や切磋琢磨できる仲間が欲しいとも思っていた矢先だった…という方。

今、これを読んでいるあなたが、上記の項目に該当するのであれば、もしくは該当せずとも(なんでやねん!)、当ブログの記事を読んで、『何かしら感じるものがあった!』のでしたら、是非このブログを通して、我々と繋がっていてください。

結びに

変人予備軍の皆様、共に楽しく前進して参りましょう!